【体験談】新卒で入った会社を1年半で退社した話。~地獄の研修編~

SHARE

【体験談】新卒で入った会社を1年半で退社した話。~地獄の研修編~

こんにちは、コウメです。

突然ですが私は、新卒で入った会社をたったの1年半で退社しています。

入社した会社はいわゆるブラック企業というやつでした。

パワハラ、セクハラ…退社するまで壮絶な体験をしてきたので、折角なのでブログに記録しておきたい!と思い(笑)

今回からちょこちょこと退社するまでの経緯を体験談として書いていこうと思います!

 

今回は地獄の新卒研修編です。

私の入社した企業の研修は、なかなかにヤバイ研修でした。

特に自分がびっくりした研修中のエピソードがいくつかあったので、紹介していきます。

こんな会社もあるんだ…という感じに参考にして頂ければ幸いです。

 

身バレ防止のため、多少のフェイクを入れて書いております。ご了承下さい。

地獄の始まり

大学4年生の春。

私はとある商社に内定を頂き、かなり浮かれていました。

「1年も遊び放題じゃん!!」と。

 

他の企業の選考も、まだまだ後のスケジュールに沢山入っていたのですが、とにかく「早く就活から解放されたい」「最後の学生生活、遊びまくりたい!」という一心で全ての選考を辞退してしまいました。

これが地獄の始まりだとも知らずに…。(笑)

散々1年間遊びまくり、春になりいよいよ入社です。

その企業では、全国の内定者全員が本社のある大阪に集まり、1ヶ月泊まり込みで行う新卒研修がありました。

その話を初めて聞いた時は「1ヶ月の泊まり込み研修なんて、免許合宿みたいで楽しそう!」「大阪の美味しいもの沢山食べに行こうーっと☆」と超お気楽に考えていました。

現実は大きく想像と違っていました……

エピソード①大量の暗記物

研修初日のこと。

会議室に集められた私達は、同期同士で「どんな研修なんだろうね?」とワイワイ盛り上がっていました。

そこへ、いきなり研修担当の人事がドアを開けるなり私たちを怒鳴りつけました。

「静かにしろ!今日は4月1日。学生気分はもう終わりだ。お前たちはもうお客様じゃない。」

「明日までに、これ丸暗記してこい!!」

突然人事から1人1人に手渡された用紙には、企業の経営理念やスローガン、社長の有難~~いお言葉100選などとても1日では覚えきれない大量の文字が印刷されていました。

いや、こんなん無理でしょ…と私含めて他の同期も若干苦笑い。

しかしヘラヘラしている私達を見た人事が、隣にあった椅子を激しく蹴り上げ、「ヘラヘラするな!!!!!!覚えてこい!!!」とまた怒鳴り…。

本当に驚きました。

選考の時には凄く穏やかで優しかった人事が、般若のような顔で目の前でブチ切れているのですから。

これはヤバい所に入社してしまったかもしれない……

この時は全力で大学4年生春の時の自分を責めました。。(笑)

上記のように突然渡される暗記物が、1ヶ月のうちに何度も不意打ちで渡されました。

翌日朝までに1人でも暗記していなければ、連帯責任で全員が説教を受けます。

自分だけならまだしも、自分のせいで全員が叱られるのはかなり精神的にダメージがくるものです…

私自身も覚えきれずに、発表時に詰まってしまい、連帯責任として皆が叱られた時は申し訳なくてボロボロ泣きながら謝りました。。

完全に洗脳されていました。

エピソード②恥ずかしいことを大声で叫ばされる

研修中にはこんな出来事もありました。

早朝6時に起こされて、大きいグラウンドに集合するなり、人事が

「今から1人ずつ、自分自身の恥ずかしい秘密を大声で叫べ!」

私達はもう「???」で頭がいっぱいでした。

早朝でとにかく眠いし、一体何言ってんだ??と。

人事曰く、自分の恥ずかしい秘密をみんなの前で叫ぶ事で、同期に自分のことを分かってもらえて親近感が沸き、仲良くなれるから!という理由でした。

もはや意味がわかりません。

グラウンドの端に人事が移動し、対角線上の端に私達が1人ずつ並び、恥ずかしい秘密を叫ばされることに。

秘密の内容が面白くなかったり、端にいる人事に声が聞こえなかった場合は失格となり、もう一度やり直しをさせられます。

これっておかしくない??パワハラじゃないの??

とは思いつつ、やらなきゃ終わらないので仕方なく叫びましたよ。。

運良く一発OKでした…。叫んだ内容は伏せておきます。(笑)

他の同期は「彼女といる時、にゃんにゃん語で喋りまーーす!」など各々恥ずかしいことを叫んでいました…

声が小さい子や、面白い秘密が無い子は何度も何度もやり直しさせられていて、涙目になりながら色んなことを叫んでいて、見ていてとても辛かったです…。

こんな事にして一体何になるんだろう…?人事がただただ面白がってるだけじゃないの??と怒りすらこみ上げてきます。

エピソード③アップダウンの激しい道を延々走らされる

精神的にもキツイ研修でしたが、肉体的にもキツかったです。

頻繁にマラソンをさせられることがありましたが、そのマラソンの道が「山登り?」という程かなりキツイ道のりでした。

アップダウンがかなり激しく、普通に歩いて登るだけでもかなり息切れを起こしてしまう道でした。

そこを何周も何周も走らされ、元々体力の無かった私はついに走れなくなり、その場で倒れてしまいました。

それを見た人事に「おい!サボるな!!立ち上がって走れ!!」と罵声を浴びせられ、仕方なくヘロヘロになりながらも走り続けました。

もう足が痙攣してガクガクです。。

こんな過酷なマラソンが頻繁にあり、本当に研修から逃げ出したいと心底思いました。

エピソード④深夜まで続くグループワーク

突然人事が、私達を5人1組のグループに分け、

「来年の新卒研修、どんなものがいいか君たちに案を出してもらう。プレゼン資料を作ってこい。」

と言ってきました。

もし自分たちの案で決定して、来年の研修に採用されたら面白そうだね!と同期たちとすごく盛り上がり、必死でグループの子達とプレゼン資料を作りました。

必死に作ったプレゼン資料。

いざ人事の前で披露するも、「こんなもん作ってくるな!!」と1,2ページ見ただけで門前払い。

何がいけなかったのかも分からず、もう1度グループで話し合い、何度作り直しても人事には門前払いされました。

資料にも全然目を通していないのに…。

ある日再度資料を持っていくと、人事にこんな発言をされました。

「あのさ、昨日寝たの何時?」

同期が「12時です。」というと激怒されました。

「ふざけるな。本当に良いものを作ろうとするなら夜中の3時、4時まで時間かけて作ってこい!」

時間を掛けたからっていいものが出来るとは限らないのに…と思いましたが、その時は必死だったので本当に夜中の3時4時まで作りましたよ。

それ以降、人事からは毎回寝た時間を聞かれるようになり、早めの時間を言うと怒られました。

毎日毎日深夜まで、グループで話し合いながら正解の分からない資料を作り続けていたら、とうとう体調不良者が続出してしまいました。

私も同様に体調を崩し、研修中に病院に行きたいということを訴えると

「なんで病気になってんの?自己管理足りてないんじゃない?」

と吐き捨てるように人事に言われたことは今でもはっきり覚えています…。(笑)

エピソード⑤洗脳系の座学が長時間行われる

研修中は、座学も長時間行われました。

座学というと、ただ座ってるだけだし楽じゃん!と思われるかもしれません。

ですがここの座学はかなり辛いものでした。

普通の座学ではなく、会社の精神のようなものを学ぶ座学。

  • 定時で帰るようなサラリーマンを目指すな!
  • 会社は定時前に来て、自分達で掃除をしろ
  • 部下は上司を大切にしろ

など「超古い考えじゃん…」と今なら鼻で笑えるような内容が延々書いてありました。

そんな会社オリジナル教科書に乗っ取って、長時間勉強させられるのです。

他にも社長の趣味や、社長の好きなテレビ番組など、社長に関する心底どうでもいいことも書かれており、定期的にその件についてのテストも行われました。

もちろんその下らないテストも成績順位が張り出され、成績下位者は「会社について知る姿勢が足りてない!!」と叱られます。

こんなテストでも成績上位になって人事から褒められると、皆泣いて喜んでいました。私もその一人です。

皆、完全に洗脳されていました…。

就活は妥協厳禁!

1ヶ月の研修で特にびっくりしたエピソードを紹介していきました。

今思い出して書いていると本当にめちゃくちゃな研修でした。

でも、当時は感覚が麻痺していて、このことがおかしいと思える余裕が無かった。

皆社会というものを何も知らず、新卒で入社し「会社ってこんな感じなんだ…!怒られるのは自分がいけないんだ…」と完全に洗脳されていました。

私が入社した企業は、従業員1,000名程の企業でそこそこ有名な企業でした。

なので、まさかこんな研修が行われているとは知らなかったです…

私のように、早く遊びたいからと長い目で考えることなく、就活を妥協してしまうとこのようにミスマッチが起こる可能性があります。

こんな会社は今時少ないかもしれませんが、私の二の舞にならないように、入社前にはしっかり研修内容等チェックするようにして下さいね…。

次回は研修が終わり、配属された後の地獄エピソードを書いていこうと思います。この研修は序の口。本当の地獄は配属されてからでした。笑

コウメ

お読み頂き、有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です